猫がゴキブリ・蜘蛛・トカゲ・鳥を持ってきて食べる対策を解説

猫がゴキブリ・蜘蛛・トカゲ・鳥を持ってきて食べる対策

外猫はもちろん、家猫でもゴキブリや蜘蛛を持ってきて動かなくなるまで遊んだり、食べている姿を見ると何とも言えない気持ちになるかと思います。

猫がゴキブリや蜘蛛などを持ってきて食べないようにするにはどうしたら良いのか?

猫側の気持ちも考えてお話したいと思います。

猫がゴキブリ・蜘蛛・トカゲ・ネズミ・鳥・セミ・モグラなどを持ってきて食べる理由

猫は本来、肉食系の動物になります。

現代ではキャットフードと言う栄養に優れた食事がありますが、昔の猫は狩りをして生き抜いていました。

つまり、猫が狩りをしてしまうのは本能と言うべき行動になります。

現代でも野良猫がそのように、狩りをしていかなければ生きて行くことができません。

猫がゴキブリ・蜘蛛・トカゲ・ネズミ・鳥・セミ・モグラなどを持ってきたときに取るべき対応

猫が獲物を飼い主に持ってくるときの気持ちは、親猫が子猫に獲物を持ってくる気持ちと同じ理由になります。

獲物を持ってきた猫にとって、獲物を飼い主に分けることは、最大の愛情表現であり、忠誠心とも言えます。

「何でこんなものをもってくるの!?」と叱りたくなる気持ちが沸き起こるかと思いますが、「私のことを慕ってくれているのだ」かわいい♪
と解釈して、褒めたり、なでたりしてあげてください。

これは、猫と飼い主のコミュニケーションにも繋がります。

そして、持ってきたゴキブリや蜘蛛などは、これ以上遊ばないように袋に包んで捨ててください。

また、注意頂きたいのが、トカゲ・ネズミ・鳥・セミです。

トカゲの尻尾は毒がありますので注意が必要です。

ネズミでは病原菌を持っている可能性が高いので注意が必要です。

鳥では感染のリスクがありますので注意が必要です。

セミでは家の猫でもあったのですが、セミの骨が喉に刺さってしまったことがあります。

どれも注意が必要です。