発作・痙攣(けいれん)している猫の病気


猫の発作

発作は脳の障害で、激しい発作から軽度の発作など様々です。

症状として自分の意志に逆らって、動かそうと思わないのに手足や顔面など、体の一部あるいは全体がかってに動いてしまい、止めようと思っても止められないふらつき、ヨダレ、失禁、脱糞、鳴き叫ぶ、興奮、常に睡眠状態に陥っている状態など様々な動き行動が見られます。

それに伴う発作の時間ですが、数秒で終わる場合から、数分、数十分、それ以上続く症状があります。

発作の頻度も同じように様々です。



猫のてんかん

猫にも人間と同じように突然起こるてんかんがあります。

てんかんは脳内の神経細胞の異常な電気活動に伴って起きる、痙攣や意識障害などが慢性的に起こる脳の病気です。



猫の痙攣(けいれん)

痙攣は全身的にあるいは局所的に生じる急激で自分の意思とは無関係に起きてしまう筋収縮です。

痙攣には真性てんかん、症喉性痙攣、心因性痙攣などがあります。

痙攣発作のとき猫が舌を噛んでしまうないように、ガーゼなどを丸めて咬ませるようにしてください。



発作、痙攣を起こした猫の症状


・口の周りがヨダレで濡れている
・泡を吹いている
・涙を流している
・涙を流した後がある
・目の焦点が合わない
・目が泳いでいる
・飼い主の呼ぶ声に反応しない
・ぐったりとしている
・震えている
・棚の上に寝ていた猫が落下した
・手足を硬直させて倒れた
・不安な表情で鳴きながら歩いている
・嘔吐
・排尿
・排便
・暴れ回る
・老齢猫
・糖尿病、甲状腺機能亢進症の病気を抱えている



痙攣発作の観察ポイント

・発作の時間
・意識のレベル
・目の焦点
・吐き気
・発熱
・痙攣発作による食欲
・ふらつき
・運動障害
・歩行障害
・睡眠状態


痙攣発作の原因次の通りです



狂犬病

狂犬病ウィルスは多くは野生動物が持っていて、命に関わるとても危険なウィルスです。

狂犬病ウィルスは全ての人間、動物へ感染します。。

身近な動物だとキツネ、スカンク、アライグマ、コウモリなどがいます。

特に気をつけなければいけないのがコウモリの唾液と尿です。

コウモリの唾液と尿には狂犬病ウィルスが存在しています。

欧米では猫の狂犬病の感染源の1つとして、コウモリが重要視されています。

猫の狩りをする習性がコウモリを襲い、咬まれたり尿をかけられて狂犬病に感染して命を落とすことがあります。


症状は前駆期、興奮、凶暴期、麻酔機の3期に分かれます。


『前駆期』
前駆期では体温の上昇、瞳孔の散大、情緒不安定などがあり、物音など過剰に反応します。


『興奮期』
興奮期では筋肉の痙攣、筋肉の脱力、唾液の増加、運動失調、ふらつき、咽頭麻痺による水や食べ物を飲み込む困難が見られるようになります。


『麻痺期』
麻痺が全身に及ぶと死亡します。


『治療』
狂犬病の治療法がなく、症状が出ている場合は数日以内に死亡します。



猫伝染性腹膜炎

中枢神経が侵される病気で、摂食障害が起こるとご飯をうまく食べられない様子や口からこぼすようになります。

舌でキャットフードをすくい取ることができず、飼い主が口に入れてあげても飲み込めなくなります。

水も自力で飲むことができなくなってきます。

少しの刺激で体を硬直させてしまい神経過敏となります。

水が飲めないので脱水で体は痩せてしまい、顔の表情が変わっていきます。

弱った体は歩行がおぼつかなくなり、座り込んだまま動けなくなったり、痙攣発作が起こります。

悪化すると眼球が揺れ、目が見えなくなることもあります。

辛さのあまり大きな声で鳴く仕草が見られます。


『治療』
抗生物質で治療します。



フィラリア症

脳動脈、硬膜下腔、脳幹などにフィラリアが入り込むと、沈鬱、円を描くように回ったり、痙攣、麻痺などの症状が出ます。



髄膜腫(ずいまくえん)

脳の側頭、前頭、後頭の髄膜から発症しますが、大脳の髄質に最も多く発生する脳腫瘍です。

腫瘍は中枢神経を圧迫し、さまざまな症状を引き起こします。

円を描くように回ること行動の変化が見られ、視覚に障害が起こります。

腫瘍が脳組織を圧迫して、てんかん発作の引き金となることが考えられます。

老齢猫に多い腫瘍です。


『治療』
手術で適応できれば外科手術を行います。



上皮細胞種

脳脊髄液の流通が妨げられることで、水頭症、失明、四肢麻痺などが症状として出てきます。


『治療』
外科的手術、抗炎症剤、抗てんかん薬などの治療があります。



低カルシウム血症

低カルシウム血症は上皮小体機能低下症の猫に発症することがあります。


『治療』
カルシウム補給とビタミンD



産褥(さんじょく)テタニー

子猫を産んで授乳中の母猫の血中カルシウム濃度が極度に低下することにより、急性に起こる痙攣発作で、死に至ることもあります。



体循環門脈シャント

門脈の血管異常によって肝臓に入るべき血液が肝臓を迂回してしまい、血液中のアンモニアが肝臓で分解されないことで高アンモニア血症になります。

アンモニアは脳に作用して痙攣を起こします。



熱中症

熱中症は室内外の猫で見られる緊急疾患です。


『原因』
気温の高い日にエアコンをかけずに外出すると、室内の温度が上がり猫は熱中症になります。

機密性の高いマンションにお住まいの人は特に気をつけなくてはなりません。


『症状』
熱中症になると猫は開口呼吸をします。

次に熱性の痙攣、意識喪失から死に至ります。

飼い主がこのような症状が出たときは、水道水をかけ続けて体温を下げます。

意識があり体温が正常に戻れば命を救うことができますが、そのまま意識は戻らず死んでしまうことがあります。

本格的な夏を迎える5~7月の暑い日に多く見受けられます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です