猫のフケが出る原因は1つだけ?予防・対策で愛猫を改善!

フケは皮膚の生まれ変わりとして全身から出てくるものですが、フケが出すぎる場合は何か異常がある可能性があります。

愛猫のフケが目立つようになったのは何かのサインだと疑ってみることです。

猫のフケの原因を見極めることで、適切なケアにつながり早期発見・早期治療となり愛猫を守ることに繋がります。


猫フケの症状を確認

猫のフケは皮膚から剥がれた角質が白い粉のようなに見えるのが特徴です。

ブラッシングをしてあげると、角質が剥がれてより多くのフケが出てきます。

少量のフケでも大丈夫だとは思わず、何かのサインだと受け止め、早めのケアで愛猫を守ることが大切です。

猫のフケが出てくる原因

フケが多過ぎると心配になりますよね。

大きく分けて2つのパターンがあります。

●フケが出ているけど、もの凄く体を掻いていない場合
・元々フケが出やすい体質
・乾燥している
・栄養が傾いてる・足りていない
・ストレスの影響
・病気

●フケが出ていて、もの凄く体を掻いている場合
・感染症
・寄生虫
・アレルギー
・皮膚病
・病気

痒みが原因で猫が掻きむしって、毛が大きく抜けている、皮膚が赤く腫れてたいたら今すぐ獣医師に見せてください。

フケを放置しておくと、ノミやダニなどがフケを食べに集まり繁殖する恐れがあります。

それに加えて、猫のフケを人間が吸い込んでしまうと、猫アレルギーが発生する原因にもなります。

では、1つずつフケの原因を見ていきましょう。

猫フケ・ アレルギー体質が原因

猫のアレルギーは主に以下の原因になります。

・アトピー性皮膚炎
・食物アレルギー
・ノミアレルギ―

アトピー性皮膚炎はハウスダストや花粉などが原因なのと、元々アレルギー反応が起きやすい体質の場合があります。

食物アレルギーは食べ物に含まれている原材料が原因で起きるアレルギーです。

ノミアレルギ―はノミが唾液を注入され血を吸い込むため、唾液が原因で起きるアレルギーです。

アレルギー反応に敏感な猫は、強い痒みを伴い掻きむしる為、皮膚から剥がれた角質がフケとなって見えたりします。

猫は鋭い爪を持っています。

掻きむしり続けると「皮膚の炎症」や「円形脱毛」のような症状が見えてきます。

猫の異変に気づいたら、今すぐ獣医師に見せて早期治療をして下さい。

また、猫の爪は殺傷能力の高い爪です。

掻いた傷口にばい菌が入ってしまうと膿を発症する恐れがあります。

放置してしまうと、膿が内部に貯まり死に至ります。

実際に亡くなった猫もいますので、 「皮膚の炎症」、「円形脱毛」、「異常なほど体を強く掻きむしっている」、「体を頻繁に舐めるようになった」などを見かけたときは今すぐ獣医師に見せて下さい。

猫フケ・ アレルギー体質が原因の対策・対処

キャットフードを変えたことで、猫のフケが多量に出るようになった場合は、アレルギー性皮膚炎の疑いがあります。

キャットフードに含まれている成分が、猫の免疫システムが過剰に反応していることが考えられます。

どのようなアレルギーがあるのか検査して、獣医師のアドバイスを頂いて下さい。

猫フケ・ 寄生虫(ダニ・ノミ)による感染症が原因

猫のフケが多量で異常に多い場合、「ノミ」や「ダニ」などの寄生虫により引き起る感染症の疑いがあります。

多量のフケの原因となるノミやダニの種類は以下の通りです。

・ツメダニ
・ヒゼンダニ(疥癬かいせん)
・ハジラミ
・ノミ

では、詳しく見ていきましょう。

ツメダニ

ツメダニは梅雨時、季節では秋に増殖するダニです。

8~9月は被害が多くカーペット、タタミなどに生息していることが多いダニです。

ツメダニは別名フケダニと呼ばれ、猫が感染すると多量のフケが発生します。

主に背中を中心に寄生し、多量のフケと激しい痒みがあり、掻きむしることで脱毛の症状が出る場合があります。

ツメダニは、ヒョウヒダニやコナダニなどを捕まえて体液を吸い込んで生きているダニです。

通常、家の中では数が少ないダニなのですが、築2~3年を経過した住まい、新しい畳などで、ヒョウヒダニ、コナダニ、チャタテムシなどが大発生した際、それを捕食するためツメダニも大発生する場合があります。

吸血はしませんが、深夜睡眠時に出てきて人間を刺し、傷口から唾液を入れ、人間の体液を吸います。

人間も刺されると、その瞬間は痒みも腫れもないものの、1~2日経過すると赤く腫れて痒み出し、1週間程続く可能性があります。

ヒゼンダニ(皮癬ダニ)

ヒゼンダニは皮膚の表面に寄生するダニです。

ヒゼンダニに寄生されると、皮膚感染症「疥癬(かいせん)」と呼ばれる強い痒みを引き起こし猫や人間に感染します。

疥癬には、通常疥癬と角化型疥癬の2つのタイプがあります。

通常疥癬と角化型疥癬の違いは寄生する数です。

通常疥癬は多くて数十匹になりますが、角化型疥癬は数百万匹のダニが寄生しています。

通常疥癬は感染力は弱いですが、強い痒みが特徴です。

角化型疥癬は免疫が低下しているときに発症しやすく、感染力が強いのが特徴です。

※ヒゼンダニは人間にも寄生しますので注意が必要です。

また、ヒゼンダニは体長0.4mmの小さなダニで人間の目で確認することはできません。

ヒゼンダニは1日に2~3個卵を皮膚に横穴を作って産みつけます。

卵は3~4日でかえり、その生活サイクルは10~14日になります。

ヒゼンダニは猫や人間の体温が暮らしに適しており、猫や人間の肌から離れた場合は長く生きられません。

また、熱や乾燥に弱く、50℃以上の環境に10分以上さらされると死ぬことが確認されています。

ハジラミ

猫に寄生するハジラミはシラミ類などの寄生虫で、感染すると多量のフケが出ます。

ハジラミは体長1.5~2mmの小さな寄生虫で、クリーム色をしているため、フケと見間違えることもあります。

他の寄生虫のように猫の体液を吸うのではなく、猫のフケを餌とするため、寄生されている猫に痒みはありません。

気づかず放置してしまうと、他の猫や人間に感染してしまいます。

ノミ

ノミは血を吸い込んで生きているのですが、噛み付いたときにノミの唾液が猫の体内に入り、強い痒みが発症します。

ノミは体長2~3mmの小さな寄生虫で、春から夏にかけて多量に繁殖し、室内で生息しているノミだと季節に関係なく一年中繁殖しています。

ノミは猫や人間の体温が暮らしに適しており、1日5~20匹の卵を産み続けます。

ノミが10匹いた場合だと、1日50~200匹の卵を生むことになりますので、繁殖率がとても高い寄生虫だと言えます。

猫フケ・ 寄生虫(ダニ・ノミ)による感染症が原因の対策・対処

ダニやノミは寄生させないための予防が何より大切です。

私も最近、ダニの被害にあったのですが、何日も続く想像以上の痒みで、我慢するのがとても辛かったです。

猫もダニやノミに噛まれたら辛いですよね。

ノミ、ダニの予防

ノミ、ダニを予防するには、定期的な予防薬を投与する必要があります。

予防薬には、猫のうなじに薬剤を垂らして投与するスポットオンタイプ、錠剤タイプ、スプレータイプなどがあります。

どの予防を選択したら良いのか、獣医師に相談してみてください。

ブラッシング

ブラッシングで全てのダニを取り除くのは難しいのですが、少なからず取り除くことはできます。

また、ブラッシングは猫にとって、とても気持ち良い行為でもあり、毛玉の飲み込みも防ぐことができます。

定期的なブラッシングをすることで、愛猫とのコミュニケーションを深めていくことができます。

シャンプー

シャンプーでダニやノミを駆除しようとするとき、気をつけて頂きたいことがあります。

それは、マダニです。

ダニは猫の皮膚に突き刺して血を吸い取っています。

無理にはがしたり、潰してしまうと、猫に突き刺している部分だけが残ってしまい、皮膚炎を起こす恐れがあります。

猫の皮膚に食いついているダニを見つけたら、獣医師に見て頂いて、適切な治療を受けてください。

また、ダニやノミなどの寄生虫駆除だと思って、数日置きのシャンプーは猫の皮脂を落としてしまい、皮膚炎になる恐れがあります。

猫はとてもキレイ好きで全身を毛づくろいしていますので、人間のように毎日シャンプーする必要はありません。

短毛の猫だと年1~2回程度。

長毛の猫であれば月1回程と考えましょう。

ノミ・ダニは見つけて取り除いても卵を残していきます。

外に出る猫であれば、定期的にノミ・ダニ駆除の対策を考えましょう。

猫フケ・体質による原因

猫も人間と同様に、生まれつきフケが出やすい体質の猫がいます。

生まれつきでフケが出やすいと、ダニや寄生虫がフケを食べに集まります。

猫フケ・体質による原因の対策・対応

体質改善を考えてシャンプー

猫フケ・新陳代謝が高いことが原因

フケとは、古くなった皮膚が剥がれ落ちた垢(あか)です。

古い皮膚が剥がれ落ちることにより、新鮮で健康な皮膚に生まれ変わります。

猫の皮膚の生まれ変わりは3~4週間になるのですが、新陳代謝が高い猫だと生まれ変わるタンオーバーがかわります。

また、毛が生え変わる時期の春と秋にフケが発症しやすくなります。

しかし、多量にフケが出ている場合は注意が必要です。

猫フケ・乾燥による原因

10月を過ぎると空気が乾燥し始める時期になります。

私自身もそうですが皆さんも手の乾燥や足のかかとがガサガサになってしまった経験があるかと思います。

猫も同じように季節の影響である冬ですと暖房、夏ですとエアコンなどで乾燥肌となってしまい、猫フケが出てしまうことが原因にもなります。

猫フケ・水分不足による原因

水を飲まない、水分が足りていないと肌が乾燥してしまいフケが出やすくなります。

他にも水分が足りていないと尿が濃くなります。

尿が濃くなると結石を作りやすい環境を作ってしまいます。

結石ができてしまうと、尿道に石が詰まってしまい尿が出なくなります。

その痛みは尋常ではありません。

泡を吹いたり、倒れてしまう猫もいます。

人間でも激しい痛みに耐えられず病院へ駆け込む方もいます。

猫フケ・季節の変わり目による原因

季節の変わり目になると、毛の生え変わりが始まります。

また、同時に古い皮膚が剥がれ生まれ変わることで、フケが出てくる原因にもなります。

猫フケ・高齢が原因

年齢を重ねて高齢になると、若い時と比較して皮膚は潤いが無くなり乾燥しやすくなります。

また、加齢によって皮脂の分泌が減り、水分を保つ力も低下するため、皮膚が乾燥してフケの原因にもなります。

猫フケ・遺伝が原因

親からの遺伝で生まれつきフケが出やすい体質な猫がいます。

多頭飼いで同じ環境、同じ食事であるのに、1匹だけフケが出やすいという場合があります。

猫フケ・ 衛生環境が悪い原因

衛生環境が悪いとフケが多量に出る原因になります。

例えば、猫が過ごしている場所を定期的に掃除をしないことや、排尿や排便を定期的に掃除しない部屋に住み続けた場合などです。

ゴミ屋敷に住み続けている猫も例外ではありません。

そのような場所に猫が住み続けていくと、猫のストレスは計り知れません。

毎日とは言いませんが、こまめに掃除することを勧めます。

猫フケ・ ストレスが原因

猫も人間と同じようにストレスが続くと精神から肉体にも影響が及びます。

ですので、猫のストレスが蓄積されるとフケが出る原因にもなります。

また、恐ろしいことにフケの原因がストレスだと認識できればいいのですが、フケと言うサインを見逃してしまい、ストレスが限界を超えてしまうと、臓器に影響が及んでいることもあります。

愛猫のいつもと違う行動をしていないか観察をし、ストレス発散をすることはとても大切です。

常に愛情を持って接して頂きたいです。

猫フケ・ 栄養不足が原因

食事の栄養が不足し続けていることが原因でフケが出てしまう場合があります。

できることなら「ロイヤルカナン」を食べさせて頂きたいところではありますが、高価なものになりますので多頭飼いには厳しいのが現実だと思います。

安いキャットフードはお勧めできませんが、猫に配慮された「毛玉」、「腎臓」、「尿」、「年齢」などに配慮されているキャットフードを選んでください。

また、多頭飼いでない方は500g以下に小分けされたキャットフードにして下さい。

1kgなどの大パックの方が安くてお買い得ではありますが、キャットフードを開封してから1週間も過ぎると酸化してしまい猫は食べなくなります。

1週間ぐらいで食べ切れる小分けされたキャットフードがお勧めです。

味に付いてですが、毎日、同じ味だと猫も飽きてしまいます。

「毛玉」、「腎臓」、「尿」、「年齢」などを考えて、1パック食べ終わるごとに、いろんな種類の味を食べさせて下さい。

できることなら、5種類以上の味をストックしてあげると猫は喜びますし、栄養バランスが取れます。

以後、作成中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です