症状別でわかる猫の病気

身近にひそむ猫にとって危険物な観葉植物と注意物


身近にひそむ猫にとって危険物な観葉植物と注意物

猫に危険な観葉植物

猫の飼い主さんなら、ある植物が猫にとっては猛毒となり得るのはご存じかもしれません。

猫にとって毒となる植物は多岐にわたります。

ガーデニングが趣味のお宅の猫ちゃんがお庭で遊ぶことがある場合などは特に気をつけたいところです。

猫が植物を食べるとはあまり思えないかもしれませんが、触れただけでも症状を引き起こす植物があることも覚えておきましょう。

ある中でも特にユリ科の植物(ユリ、スズラン、チューリップ、ヒヤシンス、カサブランカなど)には要注意です。

球根や花粉、生けていた花瓶の中の水さえ毒を含んでいます。

どこかしらを噛んだりしただけでも嘔吐、下痢、不整脈などの要因となり、量によっては死につながってしまいます。


ユリ科

ユリ科の食物(タマネギ、長ネギ、にんにく、ニラ、ワケギ、らっきょうなど)は猫にとってとても危険です。


アジサイ科

アジサイ科の植物も危険です。

嘔吐、呼吸困難、けいれんなどを引き起こし、最悪の場合死に至ります。


アロエ科

人間にとっては健康に良いアロエ科の植物も、猫が食べたら下痢の原因になります。

アロエヨーグルトやアロエドリンクなども、盗み食いができないよう注意を払いましょう。


キキョウ科

キキョウ科の植物も、呼吸困難や心臓麻痺につながり、死の危険性があります。


キンポウゲ科

キンポウゲ科の植物(アネモネ、クリスマスローズ、福寿草など)も要注意です。

口に入れてしまった場合、よだれが流れたり、嘔吐などの症状が出たりし、最悪の場合は死に至ります。


ヒガンバナ科

ヒガンバナ科(彼岸花、アマリリス、水仙など)は、人体にとっても有毒なことで知られているので、猫にも危険だと推測ができるでしょう。

皮膚がかぶれたり昏睡状態に陥ったりします。


ザクロの樹皮

ザクロの樹皮や根も要注意です。

失神、中枢神経麻痺、めまいなどの原因となります。

上記の他にも、危険な植物は次のようにまだまだあります。

スミレ、パンジー、シャクナゲ、サツキ、ツツジ、ほおずき、藤、ジャスミンなど。





猫草について

猫にとって有害な植物を挙げてきましたが、猫が好んで食べる安全な植物の総称として、猫草というものがあります。

一般に広く猫草として売られているのが燕麦(エンバク)、別名カラスムギです。

これはイネ科の背丈の短い植物です。

実際に効果があるとは確証されていませんが、猫草は主に毛玉を吐き出しやすくするために与えるものだという認識があります。

短毛の猫より、長毛の猫にふさわしいと言えます。

室内飼いの猫の場合は、猫草を食した後に毛玉を吐き出しても大丈夫なように準備をしておきましょう。

猫草は食べなくても心配することはなく、逆に好んでよく食べても問題ありません。

ただし、猫草が気に入りすぎた場合には注意すべき点があります。

居室に観葉植物が多かったり、室外を行き来したりする猫の場合は、猫草以外の有害な植物にも興味を持ってしまう可能性もあるという点です。

この点が心配な場合は、猫草は必要ないと判断するのも一つの選択肢です。

体にはほぼ吸収されませんが猫にとっては良いおやつとなり、食べられた猫草でも時間が経てばまた生えてくるので、コストパフォーマンスも悪くないでしょう。

興味を示さなかった場合でも、猫に安全な観葉植物になりえます。


扇風機

好奇心旺盛で狩猟本能により突発的な行動を取ってしまうのが猫です。

毛に覆われた猫の熱中症対策のために扇風機を活用する場合でも、親切心があだになってしまうかもしれません。

というのも扇風機の回る羽根をとらえようとして、手を大けがするという事故が過去にも起こっているからです。

ファンレスの扇風機に変えるという手もありますが、猫の熱中症対策が目的の場合はエアコンが推奨されています。

人間のために扇風機を使う場合でも、扇風機カバーを利用するなどして猫の安全を守ります。


人間用のトイレ

猫が人間用のトイレに落ち、はい上がれずにおぼれてしまう危険性があります。

トイレのドアはしっかりと閉め、便器のフタも使用後は必ず閉めるようにしましょう。


ベランダや窓からの転落

着地力があるとはいえ、あまりに高いところなどからうっかり落ちてしまった場合は命にも関わってきます。

窓には網戸を必ず使い、ベランダには防護ネットを張りましょう。

猫がネットを登っても破けないように、十分に丈夫な物を選びましょう。


薬剤

飼い主が日常的に服薬する場合は特に、薬を放置しないようにします。

小さな物なので猫が誤食した場合でも飼い主は気づきにくいという面もあります。


洗濯機

ぐるぐると洗濯物が回るのを見て洗濯機に興味を示し、隙を見て中に入ってしまう可能性があります。

洗濯機を利用する際は、なるべく猫を別の部屋に入れておきましょう。


お風呂

誤って湯の張られた浴槽内に落ちた場合、スムーズに脱出できる猫は少ないです。

そのまま溺死してしまう事故もあるので、猫が単独で浴室に入らないように注意しましょう。