室内猫と外猫の感染・事故・喧嘩など環境の違いと安全性の違い




猫を室内で育てていく事を、人間の身勝手な行動と感じてしまう人は決して少なくないように思います。

ですが、猫が安全に暮らしていけるよう考えると、家の中で暮らすことが猫の身を守ることのように感じています。

また、ご近所でのトラブルも否めません。

そう考えると家の中で猫と一緒に暮らすことが安全であり、ご近所のトラブルにもならないように思われます。



猫の交通事故

人の暮らしが便利になるにつれて、猫たちの暮らしも変化しています。

最も多い猫の死因の1つが交通事故になります。

道路を渡ろうとして車にはねられる猫や、駐車していた車が突然動き出し、命を落とす猫もいます。



猫からの感染

猫にはまだ治療法が見つかっていない病気、猫エイズ、白血病など様々な病気があります。

その多くが性交渉や喧嘩、猫同士で舐めあったり、ウィルスを含んだ土や排泄物による感染があります。

健康診断や予防注射だけでは防げない病気です。



猫の寄生虫・ノミ

寄生虫やノミにとって猫はとても過ごしやすい場所です。

寄生虫の中には心臓に卵を孵化し、命を奪うこともあります。

私が昔飼っていた猫もそうでした。

ただの寄生虫でしょ?

とは思わず、寄生虫は命を奪う怖い病原菌だと考えていただきたいものです。



ご近所トラブル

猫のご近所トラブルで最も多いのが猫のうんちと匂いです。

お隣さんが大事に育てている観葉植物や盆栽、野菜や果物を植えてあるプランターの中に、ウンチをしてしまうことが多々あります。

また、ベランダの中でうんちを排泄してしまうこともあります。

猫は縄張り意識も強く、車などにマーキングしてしまうこともあります。

さらに寒い冬には、暖かいボンネットの上で寝ている猫も見かけることがあるかと思います。

新しい車や車好きの方には、黙っていられないトラブルになります。



猫の虐待

時々ニュースなどで流れることがありますが、猫に対する虐待、命を奪うような事件が放送されることが多々あります。



猫同士の喧嘩

猫は縄張り意識が高く、自分のテリトリーに入ってきた猫に敵意を向けて喧嘩に発展することが多々あります。

猫同士の喧嘩は壮絶です。

猫の爪は鋭く肉を抉ります。

また、尖った歯は骨まで達することもあります。

最悪の場合、失明をしたり、傷口が膿んだりして、感染して死ぬこともあります。

さらに発情期のに起こるメスをめぐってのオス同士の喧嘩は、命を落としかねないほど壮絶な喧嘩をします。



まとめ

以上のことから、猫の身の安全を考えると、室内で飼うことがどれだけ安全なのかということがわかるかと思います。

最初はペットとして飼いはじめたとしても、数年一緒に暮らしていくと我が子のように可愛くなります。

野生猫の寿命は2~5年です。

室内猫の平均寿命は13年。
長く生きる猫は20年以上生きる場合もあります。

先ほども言いましたが、一緒に暮らしていくにつれて、我が子のように可愛くて仕方がありません。

室内で猫を飼うことを選択していただきたい思いです。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です