猫の身近で危険な病気「猫ウイルス性鼻気管炎」

猫ウイルス性鼻気管炎

猫ウイルス性鼻気管炎

猫ウイルス性鼻気管炎の原因

ヘルペスウイルスに感染した猫のクシャミ、鼻水、尿、便などから感染が原因です。

猫風邪とも呼ばれています。

猫ウイルス性鼻気管炎の症状

症状として発熱、涙、クシャミ、鼻水、よだれなどが出ます。

目やにが多くなり、結膜炎や角膜炎を引き起こします。

他のウイルスとの混合感染が多く、子猫や体力の無い猫が発症すると死亡する危険があります。

猫ウイルス性鼻気管炎の予防

ワクチンで予防ができます。

猫ウイルス性鼻気管炎の治療

安静にして水分補給と栄養補給をします。

回復してもウイルスは体内に残るため、ストレスなどで再発する可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA