猫の身近で危険な病気「猫伝染性腸炎(猫汎白血球減少症)」

猫伝染性腸炎(猫汎白血球減少症)

猫伝染性腸炎(猫汎白血球減少症)

猫伝染性腸炎(猫汎白血球減少症)の原因

猫パルボウイルスに感染している猫の嘔吐物、尿、便などから感染が原因。

猫伝染性腸炎(猫汎白血球減少症)の症状

血液中の白血球の数が激減してしまい、抵抗力が弱まります。

40℃以上の高熱が出たり、嘔吐、強い腹痛、下痢を何度も繰り返すことで脱水症状になり命の危険があります。

子猫はショック死に至ることもあります。

もっとも危険な急性感染症の1つで、死亡率は9割と恐ろしい病気です。

猫伝染性腸炎(猫汎白血球減少症)の予防

ワクチンで予防ができます。

猫伝染性腸炎(猫汎白血球減少症)の治療法

完全な治療法はありません。

脱水症状に対する治療と栄養を補給して回復を待ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA