猫の身近で危険な病気「黄色脂肪症(イエローファット)」

黄色脂肪症(イエローファット)

黄色脂肪症(イエローファット)

とても身近で、飼い主の原因や猫がしらずに食べてしまうことで起きる病気です。

黄色脂肪症の原因

ビタミンE不足、アジ、サバ、赤身のマグロなどに含まれる脂肪酸が酸化するときに、ビタミンEが破壊されビタミンE欠乏症になります。

黄色脂肪症の症状

毛のツヤが無くなり、ビタミンE不足で脂肪組織が炎症を起こします。

そして、お腹にしこりができて痛がります。

黄色脂肪症の治療

栄養バランスの取れたキャットフードを与えると一緒に、ビタミンEを投与することです。

黄色脂肪症の予防

アジ、サバ、赤身のマグロなどを食べさせないことです。

また、栄養バランスの取れたキャットフードを与えることが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA