猫にとって「危険な食べ物」「安全な食べ物」

猫の危険な食べ物

猫にとって危険な食べ物

猫にとって危険な食べ物とは何でしょう?

愛猫の命を守るためにも与えてはいけない食べ物のお話をしたいと思います。

猫にとって危険な食べ物「牛乳」

人間が飲む牛乳には、「乳糖」が含まれており、猫は消化することができません。

下痢を起こしてしまうことがありますので、与えるのはやめましょう。

猫にとって危険な食べ物「玉ねぎ」「ネギ」「にんにく」

「玉ねぎ」「ネギ」「にんにく」などのネギ科の食べ物は、猫の赤血球を壊してしまう物質が含まれています。

症状として、尿が赤くなったり、貧血を起こしてしまいます。

ネギ科のものは、猫にとって匂いがキツく生で食べることはありません。
ただ、ネギが加工された食品を食べてしまう恐れがありますので注意が必要です。

猫にとって危険な食べ物「チョコレート」「ココア」

「チョコレート」「ココア」には中毒を起こす成分が含まれています。

症状として、嘔吐や下痢などがあり死に至ることもあります。

また、甘いものは猫の心臓に負担をかけてしまいますので、与えるのはやめましょう。

猫にとって危険な食べ物「塩味の食べ物」

塩分をは猫の腎臓に大きなダメージを与えてしまいます。

干物や塩コショウの効いたステーキなど、塩分が含まれている食べ物は絶対に与えないようにしましょう。

猫にとって危険な食べ物「生魚」

火を通さない生魚には、ビタミンB1を分解する酵素が含まれています。

生魚を食べ過ぎるとビタミンB1が欠乏し、全身の運動機能に障害が出てしまうので与えるのはやめましょう。

猫にとって危険な食べ物「生肉」

肉にはカルシウムの働きを妨げる成分が多く含まれています。

与えすぎてしまうと骨が弱くなってしまい、消化不良を引き起こすことがあります。

特に生の豚肉には「トキソプラズマ」という寄生虫がいることがあります。

生肉を与えるのはやめましょう。

猫にとって危険な食べ物「香辛料」

香辛料は刺激が強いため、猫の消化器官にダメージを与えてしまいます。

猫にとって安全な食べ物

猫にとって安全な食べ物とは何でしょう?
愛猫の命を守るためにも与えても大丈夫な食べ物のお話をしたいと思います。

猫にとって安全な食べ物「猫用ミルク」

猫用の牛乳は、下痢の原因となる乳糖が入っていないので、安全に飲ませてあげることができます。
また、猫に必要な栄養が含まれているので、猫が飲むのに適しています。

猫用の牛乳を与えるとき、常温の牛乳を飲ませてあげてください。
冷蔵庫で冷やした猫用の牛乳を飲ませてしまうとお腹が冷えてしまい、下痢になったり、体調を崩してしまうかも知れません。

猫にとって安全な食べ物「無縁にぼし」「無縁かつお節」

「にぼし」や「かつお節」の臭いがすると、とんでもない反応をしてくるかと思います。
可愛くて人間用のにぼしやかつお節を与えてしまってはいけません。

塩分が高いのはもちろんですが、マグネシウムやリンが多く含まれており、尿石症になる恐れがあります。
尿石症に気づかず治療しなかった場合、死に至ります。

にぼしやかつお節を与える場合、猫用の商品にしてください。
また、食べ過ぎにも注意が必要です。
商品の裏に適正量などが書かれていますので守りましょう。

泌尿器系の病気にかかったことがある猫には絶対に与えないでください。
病気を発症させるリスクが高まります。

成長期の子猫はバランスのとれた栄養が必要になります。
「にぼし」や「かつお節」を与え過ぎてしまうと、栄養バランスのとれたキャットフードを食べなくなってしまう恐れがあります。

栄養が偏り成長に支障をきたす恐れがあります。
成長期が終わるまで少量にするか、与えないことが望ましいです。

猫にとって安全な食べ物「ササミ」

タンパク質が豊富なササミ、お湯でゆでてあれば与えても問題はありません。

1回に与える量は10gほどにしておきましょう。

また、猫にとってご馳走になり、癖となってしまうので与えすぎはお勧めできません。

成長期の子猫はササミだけしか食べなくなってしまう恐れがありますので、大人になるまで与えないことが良いかと思います。