体を触ると嫌がる猫の病気


どこか具合の悪いとき、猫は触られるのを嫌います。

触られるのを避けるために、部屋の角に潜り込んで姿を隠したり、高いところへ登ったまま降りてこないこともがあります。

普段から触られるのを嫌がる猫では判断できません。

猫を触るとき猫の痛い部分を触ってしまい、いつもは穏やかな猫なのに噛みつかれてしまうことがあります。

突然噛みつかれた飼い主はショックを受けますが、猫が嫌がっているのか、痛がってることを見極める必要があります。



外出する猫

外に出て行く猫は、アクシデントに合うことが多くなります。

事故もその一つです。

猫の背の高さは車の車体よりずっと低く、猫の視界では走ってくる車を捉える事は非常に困難です。

また、猫は自分のテリトリー内では、車道など関係なく広げていきますので、テリトリーの中に車の通り道があっても、行ったり来たりしている間に事故に遭う確率は高くなります。

また、自転車やバイクに引かれてしまう可能性があります。

車の入れない細い路地にもバイクや自電車が走行していきます。

命が助かった猫でも事故に遭うと、手足の骨折、胸部の骨折、骨盤の骨折など衝撃のあった場所の骨が折れます。



猫同士の喧嘩

オス猫同士の縄張り争いは喧嘩に発展します。

猫の噛み傷やひっかき傷は、傷を負った直後に毛がごっそりと抜け落ちない限り、目立たないことがあります。

数日経って傷が膿んでくると痛みが出てきます。



高層住宅からの落下

ベランダの柵に飛び乗った猫が、何かに驚いて落下してしまうことがあります。

窓枠に飛んでいる虫に気を取られて落下してしまう事故もあります。

運良く命が助かった猫でも、手足の骨折、胸の骨折など衝撃を受けた場所に骨折をする可能性あります。



排尿障害

オス猫の排尿障害は膀胱の膨張で、飼い主が触ろうとすると威嚇しながら嫌がります。

猫が体を触られることを嫌がる時、体のどこかに異常があると察知して獣医の受診をしてください。



痛みのある猫の行動

・不安げに泣いている
・部屋の隅っこに行きたがる
・いつもは暖かい部屋にいる猫が、冷たい場所にうずくまっている
・座ったまま動かない
・興奮している
・沈鬱に見える
・食欲がない
・発熱している
・元気がない
・目に力がない
・まぶたが半分閉じている
・体のある部分を舐めたあと身動きが止まる
・被毛が濡れている
・毛がごっそり抜けている
・体が汚れている
・トイレで悲鳴をあげている
・トイレに踏ん張っているが何も出てこない
・トイレ中、排便姿勢をとっている
・トイレで嘔吐をした



長毛で毛玉のできている猫

長毛の猫は自分自身で毛づくろいができません。

全身のをブラッシングされることを好む猫であれば問題がないのですが、ブラッシングされることを嫌う猫の場合は重大なケガがある可能性が隠れています。

被毛は毎日抜け落ちます。

その抜けた毛が絡まって毛玉になります。

毛玉も最初のうちはブラッシングをすれば解けるほどの大きさです。

しかし時間が経てば経つほど、毛玉は大きくなっていきます。

大きくなった毛玉によって、髪の毛が引っ張られているような感覚の痛みが生じます。

猫自身も皮膚が引っ張られるのが痛いので動くのを嫌がります。

なるべく痛くしないような動きをして、痛みから逃れようとします。

ですので、人間が触ったり抱っこすることを嫌がります。



『ケアー』

長毛の猫はブラッシングを嫌がらせないよう優しくなでながらすることが肝心です。

短毛の猫もそうですが、ブラッシングは一度に全身をしようと思わないでください。

最初は気持ち良さそうにしていますが、ブラッシングをし続けると嫌がりますので、何回かに分けて行います。



『毛玉ができてしまった場合』

ブラッシングで毛玉をときほぐすのは、痛みもあって猫には負担です。

猫の皮膚を切らないように気をつけて安全なハサミで切ります。



パスツレラ症

パスツレラは通性嫌気性菌で、皮下組織に膿瘍をつくります。

去勢していないオス猫が喧嘩をすることで、手足や顔に皮膚膿瘍をつくります。

痛みでうずくまり、患部を触ると嫌がります。

『治療』
猫が喧嘩したことに気づいたら、動物病院へ連れていき、抗生物質の注射を受けると、傷口が化膿するリスクを減らすことができるかもしれません。



ビタミンB欠乏症

ほとんど魚を主食としていて、ビタミンEを与えていない猫には、ビタミンE欠乏症が起こります。

マグロのみを与えてきたことが1番の原因と考えられます。

脂肪織炎は脂肪組織に炎症が起こる状態です。

知覚過敏の症状が現れ、体全体に痛みを感じるのか、触ったり抱いたりするのを極端に嫌がります。

『治療』
診断は脂肪組織の組織検査です。

治療はビタミンEの投与とバランスの良い良質なキャットフードを与えることです。



火傷

火傷をすると酷い痛みを感じ、猫はどこかに行ってしまい体を触らせてくれません。

火傷した事実があって、猫が体を触るのを嫌がるようであれば、病院へ連れて行き診察を受けてください。



骨折

開放骨折の場合は、筋肉が裂けて骨が見えることもあるので分かりやすいのですが、外から見えない骨折は、猫は骨折した場所に負担をかけないようにじっとしていますので、すぐにわからないこともあります。

『治療』
全身の症状を確認するのが重要です。

事故の場合、内臓にダメージを受けていれば、内臓治療が最優先です。

脳に障害があれば、事故直後は命を取り留められることができるかも知れません。

骨折は整形手術ですから、事故直後ではなく、猫の状態が安定したことを確認してから治療を行います。



尿道閉鎖

オス猫の尿道が詰まってしまうと、尿が出ない状態になります。

命に関わる緊急な事態ですので、飼い主は様子を見ている時間はありません。

すぐに病院へ行き、尿道閉鎖の処置を受けなければいけません。

『治療』
尿道解除の処置を行います。

尿道閉鎖を起こした時間から、解除を行った時間によって予後に違いがあります。

手術中に死亡するリスクがあります。

尿道閉鎖を起こした原因を治療することが大切です。

尿の濃度環境の変化がなければ、再発する可能性が高い病気です。